読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な人に振り回される前に、この人に振り回されろ。

ソクラテス (岩波新書)

ソクラテス (岩波新書)

 古本屋で見つけた田中美知太郎の『ソクラテス』読了。プラトンなどの著作から、ソクラテスについてどこまでわかるか、さまざまな場面を通じて考察した本。田中美知太郎は、この本はプラトンの『ソクラテスの弁明』『クリトン』『パイドン』『饗宴』を読む際の前書き、あるいは補注のようなものであると記している。あくまでもテクストが第一、あんなにも、みずみずしく、ソクラテスについて書くことができるのはプラトンしかいない、それを読む際のサブテクストとして、何度も活用してほしいという願いがこめられた本なのだ。
 ソクラテスについて言及されているそのほとんどが彼の晩年のことだ。アテナイでの彼の生活、そして妻(クサンチッペは悪妻の代名詞だが、本当に悪妻だったのか)のこと、啓蒙について、ソクラテスが訴えられる原因の1つとなった、国が認める神とは別の神であるダイモンについて、ソクラテスの死について、などがここに研究し、収められている。もちろん、古代の話、歴史の中で誰かが作り話をしているかもしれない。書物によって矛盾が生じる場面などがあり、田中美知太郎はそれを丁寧に擦り合わせ、より真実を推し量る。数千年経った今なお、こうして、この人はどんな人物で、どんなことをしていたのだろう?と思いを馳せてもらえる人はそうそう居ない。ソクラテスの理論と知性とそして不可解さをも含めて、人間的魅力がずば抜けて優れているからなのだと改めて実感。
 不可解な人。
 だってそうでしょう?逃げることもできたのに無実でありながらそのまま処刑されること選んだのだもの。それによってこうして数千年の時を経た今も、何故、ソクラテスは死ななければならなかったのか、ということを問い続けて、翻弄されているわたしたちが居るのだから。「無知の知*1」という考え方だって、今現在もわたしたちに影響している。どこまでもわたしたちの思考を悩ませるのだ。まいっちゃうね。

*1:無知の知:知らないことを知っているかのように思っている人間よりも、知らないことを知らないとわかる人間のほうが知者である、ということ。ソクラテスは、知らないものは知らないとわかる人だった。だから死を恐れなかったという。だって、知らないのだから怖がりようなないではないか!ってことらしい。