猫好きのための大人の童話

ジェニィ (新潮文庫)

ジェニィ (新潮文庫)

 突然、真白な猫になってしまった少年ピーターが、雌猫ジェニイと出会い、猫としての生活に戸惑いながらも少しずつ成長して逞しくなっていくという、冒険の物語。ハラハラしたり、切なくなったり、いとしい気持ちもこみ上げる。読み終わったとき、いらないものを捨てて、素に戻れるような、すごく純粋な気分になれた。たまにはいいなー。こういうの。
 私も実家に猫が4匹いるけれど、これを読んでいると発作のように猫に会いたくなる。
 この文庫の表紙がまた可愛い!!てか、実はジャケ買いだったんだけども。