『体の贈り物』/レベッカ・ブラウン

体の贈り物

体の贈り物

 無駄なものがまったくない。ホームヘルパーの立場から淡々と語られる、エイズ患者たちの日々。あとがきで柴田元幸氏も書いているけれど、これを要約してしまっては良さが全く伝わらない気がする。本当、1度読んでみることでしか伝わらないこの雰囲気。感情に激しく訴えかけてくるドラマではなく、1つ1つがじわーっと浸透してくるようなイメージ。わたしも、一体何をどう表現すればいいのか、わからない。ただ、今、自分が生きているんだ、ということを感じている。いつか、この世界から完全に消えてしまうとわかっていても、わかっているからこそ、今は生きてるって、すごい実感してる。
 これを読んだ今日が晴天で良かった。