読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界的大作家の妻

あのひとと語った素敵な日本語

あのひとと語った素敵な日本語

 謎の人物Yさんとの対談。最後まで誰とは明かされずに話は進行していくけれど、これはもう、Yさんの旦那さまのファンである私たちにとってはわかりすぎるくらいにわかる!自分の井戸の底で他人の水脈と繋がるんですよ。
 旦那さまとはまた趣きの違うYさん独特の世界観があって、それが旦那さまの世界観とのバランスで、何かもう、この人にはこの人じゃなきゃいけないんだ、というのがものすごいわかる。とにかく伝わってくる。こう言うと手前味噌なのかな・・・私と私の夫との関係に似ている気がした。もちろん、そのディテールは全く違うものだけれど、関係性として。
  あとがきにあったYさんの言葉に勇気づけられた。

 アメリカなんかでパーティーに出ると、作家の妻なのになぜ何らかの表現活動をしていないのか(していて当然、という雰囲気がある)、と聞かれたりするそうですが、それに対する、Yさんの心の中での回答。


 なぜ何かしないのか、とよく言われるけれど、
 自分の人生を全うする以上の自己表現はない。

 最近、自分の生き方に少し悩む部分があったけれど、何か、靄がかかったようなところからは抜け出せそうな気がしてきた。

 それにしても、Yさんという人は確固たる自分を持っていて、言葉に力があるなぁ・・・。こういう人が好きなんだよな。私は。

どうしてもYさんの正体を知りたい人はこちらをなぞってみてください。→「村上春樹の奥さん