神戸の青空の下

RAW LIFE MUSIC

RAW LIFE MUSIC

 神戸で出会った路上詩人が私たちのために聞かせてくれた曲。詩人に目をじーっと見つめられて、私も夫もとっても照れくさくなってしまった。そして、紡ぎだされた言葉。
 夫の、私の、生きてきた、その道をなぞるかのような言葉に、胸がじんじんと熱くなる。
 そして、この爽やかなメロディーが神戸の青い空に流れてった。ひんやりとした風に乗ってどんどんどんどん舞い上がって行った。
 私たちは、この音、色、風、匂い、全部忘れないだろう。何でか、そう確信した。