世界の果て

圧倒的な成功っていうのは、どん底に突き落とされるのとおんなじだ、と思う。
天井に突き上げられて、もう、その先がない、っていう世界の果てだと思う。
そこは、誰もいないから、いつも孤独だ。