臓器移植について思うこと

 ニュースから。
<臓器移植>患者らが法改正求め要望書 衆参両院議長に提出

要望書では、脳死になった人が臓器提供を拒否する意思を示していない場合、年齢にかかわらず家族の承諾で臓器提供できるよう改正することを求めた。現行法は15歳以上で提供の意思が明確な場合のみ、提供の可能性がある。

 何か、ものすごく「怖い!」と感じてしまう。確かに、臓器移植を待っている「生きたい」人たちは藁をもすがる思いで、臓器を待っているのだと思う。それは、当事者にしかわからない苦しみだ。私には想像もできないことだと思う。
 しかし、意識があった時点で「拒否」はしていない、というだけで脳死(もちろん家族の承諾が必須)⇒移植、と進んでいくのはどうなんだろう?たとえば、私だって明確な拒否はしてない。きっとほとんどの人はそうだと思う。
 臓器移植が成功したら、私は生き残れる、生きていける、だから臓器を待つ、ということは、要するに他の誰か、自分以外の「誰かの死」を待つことだ。誰かの死が自分を生きさせる、ということだ。もっと言うならば、誰かの死を望む、ということだ。
 脳死になった人の内臓をくれー、年齢に関わらず、寄越せー、と叫んでいる、そのことに私はぞっとする。ゾンビにはらわたを引きずり出されるかのような恐怖だ。
 何故、それほどまでにして、生きたいのですか?人からもらった臓物で生きながらえる、そこには何があるのですか?人は生まれたからには確実に死ぬ。それをひっくり返すことはできない。仮に死なない人がいたとしたらそれは悲劇以外の何物でもない。
 生きることは、長さだけじゃない。与えられた長さは、人それぞれ違い、その長さにどれだけ想いをこめられるかだと思う。人の臓物に期待している間に、どれだけ集中して生きられるか、考えるということはできないのだろうか?
 その人の身体は、その人だけのものだと思う。親のものでも誰のものでもない。その人だけのものだと。

 カズオイシグロの小説の世界が現実のものになる日が来るのではないか、という哀しみ。
 ただでさえ、様々な生き物の犠牲の上に成り立っているこの「生」。本当は、こうして息をしているだけで哀しいのだ。
 私は、自然に生まれ、自然に死にたい。