私は、相手に対して常にベストの状態を見せたいと思っていたんだな、ということに気づきました。とにかく「完璧」で、「尊敬」される、ほころびのない絶対者。恐ろしい考えでした。何より恐ろしいのは、それに私自身が気づいていなかったということです。