百鼠

百鼠 (ちくま文庫)

百鼠 (ちくま文庫)

 「一角獣」「百鼠」「到来」という3つの短編(実は、それぞれ長編の第一章)が収められている。中でも表題作の「百鼠」に完全にやられたー!何でこんなおもしろいこと、思いつくんだ!真面目な顔で感想なんて書けない。むしろ説明したくない。ただ好き。それだけ。
 あとがきで知ったけれど、「百鼠」はいつか大きな長編として完成させたいとのこと。ねぇ、いつ?いつ?すっごい楽しみだ。吉田さんにも百鼠がついてるんだろうな。きっと。