読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カウンセリングガイドブック≪自殺について≫

カウンセリング・ガイドブック
2.自殺

 せっかく授かった命です。「死ねば楽になる」などと言いますが、それは誰にもわからないのではないでしょうか。誰も死後の世界のことは知らないのです(臨死体験というのは、あくまでもこの世に帰ってきた人の話です)。生きてさえいれば、今の「死ぬほどの」苦しみがやがて変化することもありうるのです。生きることは、絶えず変化することですから。

 ここらへんはすごく哲学的。池田晶子の言葉を思い出す。
 それから、「自殺の心理学的意味」について。

 人が自らの命を絶つのは、今の生があまりにもつらかったり、その場から逃げたいと思うときがほとんどですが、心理学的にはまた別の「願い」が潜んでいることがあります。
 (中略)
 人は伝えたい相手に聞こえていないと思えるときには思わず声を大きくして叫びます。それと同じように、自分の思いを受け取ってくれる人がごく身近に存在しない場合、あるいは、身近な人に伝わりにくい場合には自殺という「大声」で訴えようとすることがあります。

 これは、何だか理解できる気がした。インパクトだ。自殺という強烈なインパクトによって何かを訴えるということ。自分の寂しさ孤独であったり、政治的意図の場合は自爆テロなどに繋がってしまうんだろうと思う。

 次に、自殺は、古い自分を死に追いやり、新しい自分と出会うという「死と再生」のプロセスを希求しているものとも言えます。
 (中略)
 したがって、自殺の中には、単に、この世からの逃避だけではなく、この世を「よりよく」生きようとする意志もまた潜在しているのです。
 (中略)
 (しかし)実際に身体が死ねば、(この世での)「死と再生」はありえません。自殺は心理学的な「死と再生」を現実にすべて消し去ってしまいます。たとえ、自殺にどれほど「心理学的な意味」があろうとも、やはりそれは阻止されなくてはなりません。死んでしまったら、もう会うことはできないのですから。

 胸がきゅーっとして泣きそうになる。そうだ。会えないってことなんだ。死ぬということはもう会えなくなるってこと。苦しみから解放されるかもしれないが、喜びも同時に消え去ってしまうということだ。そして、死なれた人は生涯傷を負ってしまうってことなんだよな・・・。
 どうか、生きていてほしい。本当に訪れるその瞬間まで。
 カウンセリングって、料金高いわりに効果はどうなんだろうか?と疑問に思っていた部分もあったのだけど、この本を読んでいて著者らの熱い思いと見守る優しさが伝わってきて、読んでるだけでも涙が何度も流れた。
 最後に、昔、母に、「うまいこと言うね!」と言われたわたしの台詞で締めくくりたいと思います。

 「人は、人によって傷つくけれど、また人によって癒されもするものだ。」

 読んでくれてありがとう。