読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口蹄疫

森達也HPより、口蹄疫による殺処分の話。

数日前に鳥越俊太郎さんが「人に感染しない、食べても大丈夫。ならば、なぜ(殺処分など)そこまで厳重にするのか」とテレビで言ったとして、ずいぶん批判されているようだけど、これについては僕も同意見。殺処分の前にもう少し考えたほうがいい。確かに牛や豚は経済動物だけど、あまりに無感覚になりすぎている。

無感覚、麻痺、鈍感、そうでなければ直視できないような現実なのかもしれない。少なくともわたしはそうだ。つきつめて考える前にストップがかかる。考えたとしても、これが実際の現実なのは確かで、その現実でしか生きられないわたしは、こころが健康でいられるようにイメージを遮断してしまう。
口蹄疫が無くてもいずれは殺される動物たちよ。そしてわたしたちはそれに慣れ過ぎている。彼らの恐怖に寄り添うことができない。
殺処分されることと食肉になること、その両方の死の違いはいったい何なのだろう?お金が動くこと以外の精神的意味合いとしての違いがどうしても理解できない。それは、わたしが牛を、豚を、育てたことが無いからなんだろう。育てて出荷する時は喜びで、処分される時は哀しみという、経済活動抜きでのこころの動きをどう考えたらいいのか、本当に混乱している。