読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽつり

今どこでどんな言葉、発しても何もかも戻らない。
3.11以降の時代が来ただけだ。
あれ以来、ずーっと心が晴れない毎日です。進むべき道が見えた気がして、大学に入学し、転職もして、日々はどんどん過ぎていくのに、ぽつんとした気持ちのまま、わたしは進まない。
何かが決定的に崩れてしまった。こんなこと書いてたのが懐かしい。あの頃はまだ危機感を持たなきゃ!って思っていたのに、それが現実のものとなってしまったとはね。
東京に居た3月のある日、1日で1年分ぐらいの放射能を浴びたわたしのカラダはすでに汚染されていることだろう。そしてこれからも、水や食べ物から放射性物質をせっせと取り込むことになるはずだ。
調子の良いときは、死が近づいたのだから、いつ逝っても後悔のないように好きなことをやろう!と思うが、時々ものすごく恐ろしくなって何もかも捨てて逃げ出したくなる。両極を行ったり来たり。
何かを得れば何かを失う。それの最たるものだな。「近代的な生活と核」の問題は。
原発を続けようがやめようが、今ある核燃料は消えて無くならないのだから、先送りしていずれ人間は核で破滅するんだろうな。「トイレのないマンション」とはよく言ったもんだ。捨てる場所がないんだからたまる一方だ。
実際福島で観測されているプルトニウム半減期は2万4千年。2万4千年経っても半分にしかならないっつーんだから、恐れ入るよ!まったく。かなわないよね。そんなもんを、たかが100年も生きない人間がコントロールしようってのがそもそもの間違いなんだ。なめたらアカン〜なめたらアカン〜と、天童よしみも言っとるがな。
10年後、20年後、100年後、2万4千年後、この世界はどうなってることでしょう。
進化した虫たちに支配された世界かもね。

もしくは、地球はもう無いのかもしれないけれど。

あーやっぱ、今を大事に好きに生きよう・・・・・・。