読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『何もかも憂鬱な夜に』

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

読んだ。
光市母子殺人事件の元少年の死刑が確定された日に手に取った本。それは偶然だけど。
生きるとか死ぬとかぎりぎりのとこで語らないと、平凡な日々の中で不平不満言って年取りそうで怖いわ。だからたまにこういう小説を読む。
又吉の影響受けまくってる最近である。