未来はわからない

日々のことを書き散らかしていこう!なんて、また意気込んで書いてみては、やっぱりそんなのは恥ずかしいと思う。でもやっぱり書く。そしてまた間があく。やっと軌道に乗せようと思っていた仕事だったが、出鼻をくじかれることがあった。メンバー編成を変えなくてはならない。そこまでの間、とにかくやりきるしかないと思いつつも、動揺。そして、なんというか、この、次に何が起こるか分らないかんじが、この生を支配しているのだと改めて思うのだった。3年前、3か月前、3日前・・・わたしは、今の状態を予想できていただろうか。なんだか、同じ日々の繰り返しだと勘違いしていなかったろうか、と思い返してみる。
何一つとして、きちんと予想できていたことはない。
いつも予想外のことが起こってくる。
それならば、いっそ、未来のことを思い悩むのをすっぱりと諦めて、今だけを生きればいい気もしてくる。
それで、せいせいする気もしてくる。
考えたってその通りににはいかない。
今日、またそのことを思い知った。信念を曲げずに、やれることに取り組むか。