再スタート

先生は言った。「わたしはずっとここにいるから!関東にいる間は、わたしが診るから!大丈夫。安心して通って」
わたしは泣きそうになった。

自分の病名は、「双極性障害1型」というらしい。

治療から逃げて、苦しくて悶えながら生活していたけれど、信頼できる医師に出会えたので、また治療を再開して、ゆっくり生きていこうと思います。