『28日後・・・』

 

 

動物愛護活動家が医療科学研究所を襲撃した。研究員はチンパンジーが危険な感染症にかかっていると警告するが、活動家は耳を貸そうとしない。檻から出した途端、チンパンジーは研究員や活動家に襲いかかった。

 

感染症の正体は、感染すると数秒で脳に侵入して精神を司る部分を破壊し、「凶暴性」(レイジ)を剥き出しにしてしまうウイルスであった。研究所の襲撃により外部に流出したウイルスは瞬く間に蔓延、ロンドンはゴーストタウンと化した。ウイルスの感染拡大から28日後、メッセンジャーのジムは寂れた病院で昏睡状態から目を覚ます。変わり果てた風景に呆然としながら人気のない街をさまようジムは教会に入るが、そこで彼が目にしたものは自らに襲い掛かってくる感染者の姿だった・・・。

 

トレインスポッティング』で有名なダニー・ボイル監督のゾンビ映画。なんでわたしはゾンビ映画が好きなのだろう。昨日も民放でやっていた『バイオハザード3』をついつい観てしまった。決してホラー映画好きではないのだけど。

『28日後・・・』は、怖いのだけど、良くも悪くも人間というものについて深く考えさせるようなところがあった。心動かされるシーンもあるし、何より自分の好きなイギリスの風景を見られるところも気に入った。

人って、極限になったら何を1番に考えるのだろう。たとえば、戦争の時の心理状態はこんな感じに近いのではないか?と想像しながら観ていた。

新しくテレビも買ったし(今日届いた)、ひきこもってCS映画三昧の日々になりそうー。楽しみ。