読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『遭難フリーター』


遭難フリーター予告編 - YouTube

 

遭難フリーター

遭難フリーター

 

 

何気なく図書館で借りた本だったけれど、ぐいぐい惹きこまれた。派遣社員として工場で働く若者の視点で描いた痛々しいまでのリアルな生活。お金がなくて借金まであって、休みに日には登録バイトなんかもやっている。眠くてふらふらになりながら働いて、お金が入ったらマックで「豪勢に」食べることもある。工場で働く他の「オッサン」と俺は違う!とかろうじてプライドを保ちながら日記を書き続ける。本社新入社員の美少年に見とれたりもしている。自分との格差を感じつつ。元カノにメールなんかもしてしまう。カメラを回しながら生活をし、工場の仕事をやめたらこれを編集して映画にすることを心の支えにして。

東京での生活に憧れを抱き、ボロボロになりつつも、心の清らかさがちらりちらりと垣間見られる文章だ。こんなふうな思いを抱えつつも、表現できない若者は多くいるに違いない。

日本の隠れていた貧困問題にも向き合うことになる1冊。

2007年公開の映画を観たいと思ったが、DVDにはなっていないみたいで残念!