ぼくのりりっくのぼうよみ

youtu.be

 

 

何気なくラジオを聞いていたら流れて来た曲。(それは『black bird』と『パッチワーク』だった)惹きつけられてボリュームを上げた。

びっくり!なんとこのアーティスト、高校生だった。

早速ダウンロードして何度も何度も聴く。

才能ってこういうことをいうんだな。

わたしが高校生だった頃、自意識だけが拡大していき、何も表現できずにいた。なんかそのむずむずする感覚を思い出す。こんなふうに大胆に開放していく気持ちの良さが羨ましくある。

調子が悪く、病院に向かう途中で歩きながら聴いて、診察が終わってエクセルシオールでダージリンを飲みながらまた聴いた。

音楽との出会いというのは、啓示のように降ってくる、あるいは雷に打たれたといったほうが近いのか?

この精神状態だからこそ、チューニングが合ったとも言えるかも。