読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピスト

セラピスト

セラピスト

休職6日目。
2月中は、仕事をせずに家にいる。家事をきちんとやろうとしている。
仕事をしている時は、本当に、帰ってきたらヘロヘロの状態で(何がそんなに疲れるの?と普通の人は思うかもしれないが)、何もできずただ寝るだけだった。
もしかすると、あれこれ考えないようにするために、眠ることに逃げていたのかもしれないとも思う。
仕事を休む少し前に、この本を読んだ。
病んだこころが治癒していく過程はどんなものなのか、知りたかったからだ。この本の中で最相さんは自分でも風景構成法を受けたり、逆に中井久夫風景構成法の生みの親といえる)に対してセラピスト役をやってもらうこともあった。(こんな経験そうできることではない)
河合隼雄が日本に持ち込んだと言われている「箱庭療法」についてのレポートも多く、わたしの興味はそそられる。それで、臨床心理学を学ぶ友達に尋ねたり、自分でも調べたりしながら、とうとうそういったセラピーを受けられるところまでやって来れた。休職中にインテークが行われる。
一歩前進したと思いたい。