「両成敗」

 

 このアルバムが届いてからずっと聞いている。しかもわたしのは巾着付きだ(これはipod入れにしている)。

彼らの曲を意識的に聞いたのは、『すべてがFになる』という綾野剛が出ているドラマの主題歌になっていた『デジタルモグラ』で、それまでロッキングオンJAPANとかで見かけていても、変な名前のバンドだなぁぐらいにしか思っていなかった。むしろ、なんでそんなバンド名にするんだろう?ってちょっと嫌にも思っていたぐらい。

でもなんだろう、他の曲も聴いてみると、ん?バンド名の割に悪くないじゃないか!とか思い始める。そのうちにCMとかにもバンバン出だして、耳に残る曲が増えていった。わたしは基本的にギターがメインに出てくるようなバンドが好きなんだけれど、この人たちの曲を聴くと、ピアノとかベースが際立っているように感じる。歌詞が凄いことになっていてもメロディが美しい。こういうギャップって心を掴むものだ。最近のバンドとしては突出した才能みたいなものを感じた。今までとはちょっと違う人たちが出てきたぞ、というワクワクだ。実は雑誌でもインタビューとかは特に読んでいないので、どんな思想を持って、こういう音楽をやっているのかよく分からない。わたしは純粋に音楽を楽しんでいるだけだ。音楽が評価されることは良いことなのだけど、大衆化され、消費されていくことはロックファンにとっては少し寂しくも思ったりするところでもある。

「両成敗」は部屋で一人で聞くよりも、街を歩きながらiPodで聞くと、よりいっそう映える。この時代を生きてる自分を強く意識できるから。