読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2

父、母へ

いままでこんなにワガママ放題で、でもやりたいようにやらせてくれてありがとう。

愛情って何なのか教えてくれてありがとう。

人間として本当にすきだよ。

親子の関係を超えて、本当にすきだよ。

出会えて良かった。

育ててくれて、支えてくれてありがとう。

喧嘩もしたし、大変な時期も支え合って生きることが出来たし、これが家族なんだって、実感することができた。

幸せだったよ。

迷惑かけたけど、それはごめんね。

思い通りの人間に育たなくてごめんなさい。

だけど、一緒に過ごせた時間は、本当にかけがえのないものだった。

感謝してもらしきれないくらい。

友達に、言えない弱さを出したこともあった。

本当にありがたい存在。

離れるのは、どうしようもなく寂しいけれど、一緒に過ごした時間はわたしにとって、とても貴重で、本当は、ずっとずっと一緒にいたかったよ!

だけど、そういうわけにもいかない。

わたしと、あなたたちは、べつの人格を持った存在。

わたしはわたしの人生、生き方がある。

永遠のな別れではない気がする。

何かどこかで繋がっていられる、そう信じてる。

元気でいてほしい。わたしがいなくなっても、しばらくは落ち込むと思うけれど、すきなことをやって、生きててほしいよ。

 

人にはそれぞれ時期というものがあるよ。きっと。お年寄りに、なるまでら生きることがすべて、正しいわけじゃない。

人生に善悪なんでらないのかもしれない。、 

本当にこのら親のこどもに、生まれてよかった!ありがとう!

言葉を、尽くしても、納得はできないたまろうね!

ごめんなさい。

許してもらえるかな。自信ないや。